男性

鳩やねずみの脅威|専門の駆除業者に依頼する

被害の拡大

散布作業者

ねずみと人の歴史とは

ねずみは今なお人間生活において身近な動物ですが、ねずみと人間との関わりを歴史から見ると、とても深い関わりがあることを見て取れます。ねずみによる被害として挙げられる例として、大切な食料を食い荒らされるということがあります。場合によっては村落共同体で管理されるような、穀物倉庫にねずみが侵入することによって被害が発生することもあって、こうした際は大きなダメージを被ることもありました。古くは効果的な駆除方法が無かったので、こうした被害は対策を施して防ぐしかありませんでした。現在でも猫はねずみ捕りのイメージを持っていますが、事実猫はねずみ駆除を目的として日本に連れてこられました。大陸との交易は船で行われましたが、船にねずみが侵入することで食料や交易品に被害をもたらすこともあったので、そうしたねずみを駆除する目的で船に猫を乗せていました。

ねずみ駆除の今後とは

ねずみは以前に比べると、姿を見る機会は減りました。それは住宅事情が改善されたことによって、住宅に侵入するねずみの数が減っただけであって、相対的に数は減っていませんしねずみ駆除の件数が減っているという事でもありません。現状において問題となっているのは、大都会において大繁殖するクマネズミです。かつての日本で街中でよく見かけたねずみはドブネズミでした。しかし下水設備が整ったことで、都会においての生息数は減りました。それに反比例するように増えたのがクマネズミです。現在ねずみ駆除の依頼においてほとんどが、このクマネズミを対象としています。ねずみ駆除におけるクマネズミの問題は、その駆除作業の難易度が他のねずみに比べて高くなる傾向にあるということです。そもそも警戒心の強いねずみであることと、殺鼠剤に耐性を持つ個体が多いためです。今後はこうしたクマネズミに対して、効果的な駆除方法が求められます。

ねずみ以外の身近な脅威

ねずみの他にも、日本全国に分布している害獣が存在します。その害獣というのは「鳩」のことで、正確には害鳥に分類されています。鳩は繁殖力が非常に高く、テリトリーに強く執着する他、テリトリー内にて排便を行なうといった習性があるのです。その習性が、街中において害鳥被害を発生させています。例えば、住宅のベランダ等が鳩のテリトリーとなった場合、大量に飛来した鳩の鳴き声に悩まされるようになる他、糞によって汚染されてしまうでしょう。また、テリトリーとして認識されると、どれだけ追い払っても戻ってくるようになるのです。そういったことが多々発生するようになり、鳩は害鳥として認識されるようになりました。もし、鳩による騒音被害や糞害に悩まされているという人がいるのであれば、鳩駆除業者に依頼して追い払ってもらいましょう。鳩の糞には人に感染する病原菌が豊富に含まれており、小さいお子さんがいる場合等には早期に対策を行なう必要があるのです。

罠の購入

男女

ネズミはその場所の居心地が良いと住み着いてしまう可能性があるため、ネズミ駆除は自分で駆除をすることもできます。ネズミの罠は被害に遭う前に購入しておくことで、いざというときにすぐ活用することができます。

詳しくはこちら

生活を脅かす

散布機

ハクビシンは、人々の暮らしを脅かす恐ろしい害獣です。可愛らしい動物ではありますが、その被害は農作物を食い散らかし糞尿による健康被害などが挙げられます。駆除する際はハクビシン駆除業者に依頼しましょう。

詳しくはこちら

蜂の駆除

悩むウーマン

スズメバチの巣を駆除することで安全な暮らしをすることができます。また、駆除をする時には、專門の駆除業者に依頼をすることで安全に駆除することができるのです。自分で対応してしまうと、蜂に刺されてしまうかもしれません。

詳しくはこちら